ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト

著者;大塚 寿(ダイヤモンド社、2012)

今回はとてもおススメな本のご紹介です。

以下、この本の概要をご紹介します。

1万人に及ぶ先人たちへのインタビューからわかったこと。
それは、ビジネスパーソン最大の後悔とは仕事ではなく「結婚」だということです。
結婚を機にうまくいく人と、ダメになる人がいるように、その後の人生を決める最大の分かれ道こそ、結婚なのです。
多くの人は結婚を相性や愛情で片づけてしまいますが、家庭をマネジメントしていくためには、企画力、ルール化、ビジョンの共有、計画性、コミュニケーション力などの能力が必要です。
仕事と家庭を両立し、最高の人生を歩むためには、ビジネスパーソンこそ、結婚「後」を考えなければなりません。

■1万人が出した答え……「結婚は技術である」
結婚は、ビジネスパーソンにとって「人生最大のプロジェクト」です。では、プロジェクトを成功させるためには何が必要なのでしょうか。著者がこれまで行ってきた「1万人インタビュー」で得た最大の教訓とは、「結婚は技術である」ということ。夫婦が「修正主義」に立ってお互いが歩み寄り、お互いを受け入れていくには、知識と工夫が必要なのです。


■結婚でうまくいく人、ダメになる人の違いとは?
本書は、先人たちが結婚後に何を後悔しているのか、後悔の集中するところから「夫婦の法則」を見つけ出し、うまくいっている夫婦が行っている対処法を具体的に紹介していきます。

目次

家事・育児の分担から、義父母との付き合い、使っちゃいけないNGワード、お金と時間の使い方、価値観・習慣の違い、貯蓄・財布の管理法、セックスレスまで、リアルな後悔と、それを乗り越えた夫婦の対処法が解説されています。

 

(感想)

夫婦を「共同経営」し、生活をマネジメントしていく上で、先人たちの英知を集めた内容は、きっとお役に立つと思われますので、機会があればぜひ読んでいただきたいオススメの本です。アマゾンで検索してみてください。